HOME 教えて豊福先生 処方薬による美白治療

処方薬による美白治療

美白効果をうたう化粧品であっても、その効果は穏やかなものでなければなりません。それに比べて、専門家である医師に処方してもう薬品には、もっと具体的な効果の期待できるものもあります。

処方薬による美白治療

皮膚科で処方してもらえる美白剤

日本では薬事法という法律があり、化粧品などに使うことのできる成分が制限されています。薬事法の定める化粧品の定義は、「皮膚を清潔に健やかに保 つためのもので、人体に対する作用が緩和なもの」とされています。ですから美白効果をうたう化粧品であっても、その効果は穏やかなものでなければなりませ ん。それに比べて、専門家である医師に処方してもう薬品には、もっと具体的な効果の期待できるものもあります。ここでは皮膚科で処方してもらえる美白治療 を見てみましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、アメリカのFDA(米国食品医薬局)が美白効果を認めている唯一の成分で、「肌の漂白剤」などという言われ方もしています。美白化粧品などによく配合されているアルブチン、ビタミンC、コウジ酸の約100倍の美白効果があるといわれています。
シミの原因となる過剰なメラニン生成に必要なタイロシネース(メラニンを造る酵素)という酵素の働きを抑え、メラニンが合成されるのを防ぎます。また、出 来てしまったメラニンを分解する働きや色素細胞(メラニン細胞)を破壊する作用もあります。大変強力な美白効果が期待できますが、肌への刺激も強いので、 4%以上のものは皮膚科などで処方してもらいましょう。市販の化粧品に配合されているものは濃度が低く、効果はそれほど期待できないかも知れません。

レチノイン酸療法

レチノイン酸はビタミンA誘導体のひとつで、表皮に対しては下記のような作用があります。

  • 角質を剥がれやすくする
  • 表皮のケラチンを増殖
  • 表皮のターンオーバーを促進
  • 間質内ムチン(ヒアルロン酸など)の沈着を促進

また、真皮に対しては下記のような作用があります。

  • 真皮乳頭層の血管を新生
  • コラーゲンの生産を促進
  • 皮脂腺機能を抑制する

そのため、クスミ、小じわの改善、毛穴の引き締めなど、お肌全般の若返りが可能となります。レチノイン酸自体は、わたしたちの血液中にもごく微量流 れています。しかしながら、レチノイン酸自体はメラニン細胞に対するメラニン産生抑制効果はありません。そのためシミなどの色素性疾患の治療には、上述の ハイドロキノンを併用することにより、非常に効果の高い治療を行うことができます。
このハイドロキノン&レチノイン酸併用療法は、炎症後の色素沈着や老人性色素斑などのシミを治療すると同時に小ジワ、毛穴の開きなどの肌質の改善やニキビにも効果があります。
レチノイン酸は日本では未認可のため、医師による処方以外には手に入れることはできません。アンチエイジング化粧品などに配合されているレチノールなどは、レチノイン酸の仲間ですが、レチノイン酸に比べて100分の1くらいの生理作用しかないと言われています。
※個人輸入などでも薬剤を手にいれることもできるようですが、刺激が強いため、必ず皮膚科医の指導のもとで行いましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC(アスコルビン酸)は古くから、肌を白くする代表的なビタミンとして内服を主に使われてきました。しかしながら、内服でけでは、シミをうすくするのには不十分です。

ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持ち、私たちの身体を活性酸素から守る最前線で活躍します。また、ストレスに対抗するホルモンを作るときに大量に消費さ れます。そのため内服では、ビタミンCは酸素を大量に消費する脳、心臓、ストレスホルモンを産生する副腎で消費され、皮膚へはほとんど行きません。なら ば、水に溶かして水溶性ビタミンCにして、皮膚に外用してはどうかということになります。
しかし、通常のビタミンCを水に溶かしても皮膚へはほとんど浸透しません。それどころか、紫外線を受け皮膚で活性酸素を生成し、逆に皮膚を傷めることにな ります。それで、美白を目的とする場合、リン酸化されたビタミンC(アスコルビン酸2-リン酸エステル)が使用されます。これは、皮膚へ浸透性が高く、皮 膚の中でビタミンC(アスコルビン酸)へ変換され、さまざまな作用を発揮します。
ビタミンCについて|美白ネット

ビタミンC誘導体には下記のような美白作用があります。

  • タイロシネース(メラニンを造る酵素)の活性抑制
  • メラニン生成抑制
  • 黒色酸化型メラニンの還元
  • 抗酸化作用による抗紫外線作用

また、これ以外にも真皮のコラーゲンの産生を促進し、肌のハリをよくするニキビの改善などの効果もあります。リン酸化ビタミンCは安定性に欠けるのが欠点ですが、最近は安定性が高い、親油性安定化アスコルビン酸誘導体などが開発され市場にでています。

山手皮フ科クリニック
運営者 山手皮フ科クリニック
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-3-2
TEL:03-3209-3836
FAX:03-3209-3839
予約専用TEL:03-3209-3840 (保険外診療のみ予約可)
診療科目 皮膚科、形成外科、アレルギー科、抗加齢医療 ※各種保険取扱い
※LANGUAGE:JAPANESE/ENGLISH
所属学会 日本皮膚科学会、日本/国際色素細胞学会、日本抗加齢医学会、
日本肥満学会、日本ビタミン学会、抗加齢皮膚医学研究会
サイトURL http://www.yamate-clinic.com/