HOME 教えて豊福先生 シミとくすみの原因・改善法 シミの原因

シミの原因

シミとは、皮膚科では「顔の色素沈着」をいい、表皮にメラニン色素が過剰にたまった状態です。シミには肝斑(かんぱん)、老人性(日光性)色素斑、脂漏性角化症、炎症後色素沈着などが含まれます。

シミの原因

シミとは、皮膚科では「顔の色素沈着」をいい、表皮にメラニン色素が過剰にたまった状態です。
シミには肝斑(かんぱん)、老人性(日光性)色素斑、脂漏性角化症、炎症後色素沈着などが含まれます(※詳しくはシミの種類と治療法を参照)

表皮の一番下にある基底層のメラノサイトは、通常はメラニン色素を産生し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、傘のような役割をし、細胞を紫外線 によるダメージから守っています。そして、メラニン色素は通常の表皮のターンオーバーで角質とともに垢として排出されます。しかし、紫外線やホルモンの影 響などによりメラノサイトが活性化されると、過剰なメラニン色素を作り出します。この過剰なメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残りま す。これがシミです。

シミの原因として、最たるものが紫外線です。
紫外線に当たると、肌はメラノサイトでメラニン色素をたくさん造って表皮角化細胞に供給します。表皮角化細胞ではメラニン色素は核の上にちょうど“傘”の ように被さり、核が紫外線で傷を受けないように守ります。核が紫外線にあたると、DNAが壊れたりして、細胞が死んだり、癌化したりするからです。シミで は、長年紫外線に当たることでメラノサイト自身あるいは、メラノサイト周囲の角化細胞が変化し、メラノサイト内のチロシナーゼという酵素の活性を増強しま す。その結果チロシナーゼを利用してメラニン色素がどんどん造られてしまうのです。

その他、シミの種類によっても異なりますが、肝臓や卵巣の働きの低下、精神的動揺やストレス、生理前や妊娠中、ピル服用中などの状況下では、女性ホ ルモンがメラノサイトを刺激してシミを濃くしたり、肌が紫外線に対して敏感になっているのでシミが出来やすくなると言われています。また、かぶれやニキビ など、皮膚に炎症を起こした後にできるシミもあります。いずれの場合も紫外線対策は欠かせません。

山手皮フ科クリニック
運営者 山手皮フ科クリニック
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-3-2
TEL:03-3209-3836
FAX:03-3209-3839
予約専用TEL:03-3209-3840 (保険外診療のみ予約可)
診療科目 皮膚科、形成外科、アレルギー科、抗加齢医療 ※各種保険取扱い
※LANGUAGE:JAPANESE/ENGLISH
所属学会 日本皮膚科学会、日本/国際色素細胞学会、日本抗加齢医学会、
日本肥満学会、日本ビタミン学会、抗加齢皮膚医学研究会
サイトURL http://www.yamate-clinic.com/