HOME 教えて豊福先生 シミの種類と治療法

シミの種類と治療法

ひとことでシミといっても実はいろいろな種類があります。

シミの種類と治療法

シミにはいろいろな種類がある

ひとことでシミといっても実はいろいろな種類があります。また、原因も様々で、なかなか素人には判断しにくいものです。誤った判断で自己流のケアを してしまうと、かえってシミを濃くしてしまうなんてことにもなりかねないので、治療を行う際には必ず皮膚科の先生に相談しましょう。

肝斑【かんぱん】

頬 骨や鼻の下あたり、額に左右対称にできるシミ。30~40代の女性によくできる。女性ホルモンが関係しているといわれており、妊娠中やピル服用中などに出 来やすい。出来るといわれている。紫外線を避け、ホルモンのバランスに気をつける。ピーリングなどでターンオーバーを活性化させること。レーザー治療はシ ミを濃くしてしまう場合があるので不向き。
>>>肝斑【かんぱん】を専門医で治療する

老人性色素斑【ろうじんせいしきそはん】

紫外線が原因となってできる。若い頃から日焼けをしていた人ほどできやすい。また、頬骨など紫外線の当たりやすい部分に出来やすい。境目のはっきりしない初期のものは美白化粧品などで薄くすることもできるが、形がはっきりしているものはレーザー治療でないと取れにくい。
>>>老人性色素斑【ろうじんせいしきそはん】を専門医で治療する

太田母斑【おおたぼはん】

額、目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色~青色のアザで、日本人に多いと言われています。生後間もなく出現するものと、思春期ごろにできるものがあります。目の下の隈といわれてるものが実は太田母斑であることもあります。レーザー治療で取ることができます。
>>>太田母斑【おおたぼはん】を専門医で治療する

雀卵斑【じゃくらんはん】

いわゆるソバカスのこと。小さな斑点が鼻を中心に散らばったような感じで出る。遺伝的なもので、両親のどちらかにあると出やすく、子供の頃から出てくる。レーザー治療でないと取れにくい。
>>>雀卵斑【じゃくらんはん】・そばかすを専門医で治療する

脂漏性角化症【しろうせいかくかしょう】

イボ状に盛り上がった感じのシミ。初期は平たいほくろのような感じだが、徐々に盛り上がってくる。レーザー治療でないと取れにくい。
>>>脂漏性角化症【しろうせいかくかしょう】を専門医で治療する

炎症性色素沈着【えんしょうせいしきそちんちゃく】

かぶれやニキビなど、皮膚に炎症を起こした後にできるシミ。紫外線に当たるとさらに濃くなってしまうので気を付けましょう。ターンオーバーとともに、自然に消えていく。なかなか消えない場合はピーリング治療がオススメ。レーザー治療は不向き。
>>>炎症性色素沈着【えんしょうせいしきそちんちゃく】を専門医で治療する

摩擦黒皮症【まさつこくひしょう】

下着などで皮膚がこすれる部分にできやすい。深いシミなので非常に取れにくい。
>>>摩擦黒皮症【まさつこくひしょう】を専門医で治療する

花弁状色素斑【かべんじょうしきそはん】

強い日焼けの後にできることが多い。1~2mmくらいの小さな花弁状の斑点で、肩から背中にできることが多い。日焼け止めを塗って、紫外線対策をしっかり行うこと。レーザー治療が効果的。
>>>花弁状色素斑【かべんじょうしきそはん】を専門医で治療する

山手皮フ科クリニック
運営者 山手皮フ科クリニック
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-3-2

TEL:03-3209-3836
FAX:03-3209-3839
予約専用TEL:03-3209-3840 (保険外診療のみ予約可)

診療科目 皮膚科、形成外科、アレルギー科、抗加齢医療 ※各種保険取扱い

※LANGUAGE:JAPANESE/ENGLISH

所属学会 日本皮膚科学会、日本/国際色素細胞学会、日本抗加齢医学会、
日本肥満学会、日本ビタミン学会、抗加齢皮膚医学研究会
サイトURL http://www.yamate-clinic.com/