HOME 美白コラム あなたにオススメの美白

美白ホワイトニングスペシャルコース

美白に興味深々!でも正直、痛くないの?!小心者編集者Fが実際に試した生声をレポート

あなたにオススメの美白

あなたにぴったりの美白法は?

あなたの肌はどんな状態ですか?

「くすみが気になる」「シミが気になる」「シミ・くすみがきになる」・・・気になる肌の状態を選んで、スタートしてください。肌の状態に合わせた効果的な美白法を紹介します。

※個人差がありますので、あくまでも目安としてお考えください。

Aのあなたは: ターンオーバーを改善して美白に近づきましょう。

不規則な生活や食生活の乱れはターンオーバーの乱れにつながり、くすみの原因となります。

美白のためには、ターンオーバーがスムーズに行われるよう、規則正しい生活を心がける事が大切です。

また、タバコの主成分であるニコチンは血管を収縮させる作用があり、肌のターンオーバーにも影響します。

タバコはなるべく控えるようにしましょう。

おすすめコンテンツ:生活習慣を変えると、肌質が変わる?

Bのあなたは:サプリメントを併用して、くすみをケアしましょう。

基本的なお手入れが出来ているのに、なぜかくすみが気になる。そんな場合はサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

美白を促す成分が入ったサプリメントを摂取するだけで、基本的なお手入れの効果が上がり、くすみの無い肌に近づきます。

おすすめコンテンツ:サプリメントで美白ケア

Cのあなたは:美白成分の入った化粧品で正しい肌ケアを続けていきましょう。

基本的なお手入れは、肌のターンオーバーを整え、不要なメラニンを排出する為に欠かせません。

特に水分不足の肌は、汚れが排出されずくすみがちに。

保湿を大切にした美白成分配合のスキンケア化粧品で、毎日しっかりお手入れするだけで、くすみはきっと改善されるはずです。

おすすめコンテンツ:間違えだらけの美白化粧品選び

Dのあなたは:食生活を改善してターンオーバーを促進させよう!

食生活の乱れは肌のターンーオーバーに影響します。

ターンオーバーが乱れると、シミやくすみが取れにくくなり、肌がカサついたり、様々なトラブルの原因にもなります。

まずは食生活の改善を心がけて、気になるくすみを改善させましょう。

おすすめコンテンツ:美肌に効く栄養素を目指す肌別に紹介します。
おすすめコンテンツ:生活習慣を変えると、肌質が変わる?

Eのあなたは:様々なシーンに合った日焼け止めと、美白化粧品を使ってみましょう。

油断出来ないのは、リゾートでの日焼け対策だけでなく、生活紫外線の予防を目的とした日焼け止めの併用です。

また効果的な塗り直しも、シミをつくらない大切なポイントです。

更に、その日に浴びた紫外線のダメージをリセットするための積極的なアプローチも始めてみましょう。

おすすめコンテンツ:効果的な日焼け止めの使い方&選び方
おすすめコンテンツ:正しい美白スキンケアを教えます。

Fのあなたは:効果の見える美白成分入り化粧品と美顔器の併用がオススメ!

美白配合の化粧品を使っているのに効果がないと感じているあなたは、化粧品の内容成分を一度確認してみてはいかがでしょうか。

美白と書かれた化粧品の中には、使い方によって効果を引き出せないものや、全く根拠のないものもあります。

また、ビタミンC誘導体を肌の奥へと浸透させるイオン導入器の併用で、ご家庭でも積極的にくすみやシミのケアが出来ます。

おすすめコンテンツ:間違えだらけの美白化粧品選び
おすすめコンテンツ:自宅で効果的に美顔器ケア

Gのあなたは:ピーリングや美白化粧品などの積極的な美白治療をオススメ!

生活習慣や食事にも気を使っているのにくすみやしみが気になる場合は、スキンケアの方法に問題があるかも知れません。

ゴシゴシ洗顔などで水分が逃げ、乾燥肌になっていませんか?

肌が乾燥すると角質層のバリア機能が低下し、様々なトラブルの原因になります。

肌に負担をかけない正しいスキンケアを行うよう気を付けましょう。そして、正しい美白成分配合のスキンケア化粧品を試してみましょう。

おすすめコンテンツ:正しい美白スキンケアを教えます。
おすすめコンテンツ:皮膚科で出来る美白治療

Hのあなたは:規則正しい生活と、美白化粧品を使ったケアがオススメ!

不規則な生活や食生活の乱れはターンオーバーの乱れにつながり、くすみの原因となります。

美白のためには、ターンオーバーがスムーズに行われるよう、規則正しい生活を心がけましょう。

また、美白成分配合の化粧品で、積極的なスキンケアも加えましょう。

ただし、シミの種類や出来てから時間の経っているものに関しては、美白化粧品などで薄くできないものもあります。

その場合は美容皮膚科などで相談してみることをオススメします。

おすすめコンテンツ:間違えだらけの美白化粧品選び
おすすめコンテンツ:生活習慣を変えると、肌質が変わる?

Iのあなたは:皮膚科での治療とサプリメントの併用をしてみましょう。

一般的にはそばかすに見えるシミは、肝斑(かんぱん)の可能性もあります。

自己診断が難しいので、皮膚科できちんと診察しなければ、はっきりとはわかりませんが、サプリメントが効果の出る場合もあります。

ただし、遺伝などによるソバカスは、皮膚科での治療が最も効果的です。

おすすめコンテンツ:皮膚科で出来る美白治療
おすすめコンテンツ:サプリメントで美白ケア

Jのあなたは:皮膚科で行う美白治療がオススメ!

ほくろのようにはっきりした形のシミや、盛り上がったような感じのシミは、レーザー治療など、皮膚科での治療を行わないと取れにくいシミです。

美容皮膚科で相談してみましょう。

おすすめコンテンツ:皮膚科で出来る美白治療

美白化粧品口コミおすすめランキング